ESTpISTp の相性診断結果
相反する関係

ESTp(サンプル1) と ISTp(サンプル2)
性格エレメント

ESTp ISTp
主要
ルールを作り、周囲を守る。
人の感情変化を敏感に感じる。
主要
物事の隠れた関連性を見抜く。
物事を分析して改善する。
苦手
物事の本質を明らかにする。
今後起こる事を予測する。
苦手
人の相性や力関係を感じる。
興奮や熱意を周囲に伝る。
補完
今後起こる事を予測する。
物事の本質を明らかにする。
補完
興奮や熱意を周囲に伝る。
人の相性や力関係を感じる。
自制
人の感情変化を敏感に感じる。
ルールを作り、周囲を守る。
自制
物事を分析して改善する。
物事の隠れた関連性を見抜く。
結びつきで起こる例
補完主要 が結びつくと魅力を感じます。
苦手主要 が結びつくとストレスを感じます。
スポンサーリンク

相反する関係 とは

本来、外向型と内向型はそれぞれ逆の環境に憧れを持つことがあるので、反対の特徴が好きかも知れません。
また関係の初期段階では互いを自分とは違う性格だと感じていながらも、相手の性格に合わせることができる為、関係が発展することもあります。

しかしこの関係は第三者がいるときに反発しやすくなります。これは第三者のいる環境や、緊張感のある環境では本来の性格が強く主張されてしまう為です。

内向的な人は大抵よそよそしくなり、暖かい感情を失って 用心深くなります。
外向的な人は自己アピールが更に強調され、内向的な人に合わせる行動を忘れてしまいます。

また外交的な人は内向型の人の行動に冷たい印象を持ち、自分とは距離を置くために、わざとにその様な態度をとっているといった印象を持ちます。

しかし相互理解がもともと少ない関係の為、互いの特性が強調されていることに気付きません。
内向的な人は外向的な活動を妨げ、批判的な態度をとってしまい、それに対して外向型も批判的な対応になります。

この様に互いの性格が相反した環境では安定した心の距離を保つことは難しいと感じるでしょう。

しかし外部の状況に応じて性格の特性が変動することを事前に理解し、特性が強くなっている時は相手にあまり干渉しないように心がける事で、良好な関係築くことは十分に可能です。
スポンサーリンク